So-net無料ブログ作成
出会い系ご縁 ブログトップ

出合い系良縁「標準治療」を受けず [出会い系ご縁]

出会系子の「これが真実との出合い系ご縁」

出合い系良縁「標準治療」を受けず

2014年2月、PL東京健康管理センターで人間ドックを受けた際、左乳房に「しこり」が見つかった。
★ここが、まゆみの英語会話教材 >>>
When receiving checkup at PL Tokyo health care center in February, 2014, "the stiffness" was found by the left breast.


「精査すべし」と判断が下り、虎の門病院へ。
診察を受けたところ、腫瘍の存在が確認されたうえで、

「若い女性に多い良性の乳腺線維腺腫との出合いに見受けられたようです。
全く問題がなさそうなら半年後と言うのですが、白黒はっきりしないので“3カ月後に来てください”と伝えたのです。
これが真実。
彼女のブログには
〈「授乳中のしこりですし、心配いらないですよ。
半年後くらいに、念のため、また診てみましょう」と言われました〉と綴られていますが……」
★ここが、まゆみの英語会話教材 >>>
Just in case, I'll examine again after half year,", and, that it was called>, it's written...,...,".

と、虎の門関係者。
ところが、麻央さんは多忙だったためか、受診が遅れ、再検査を受けたのはその8カ月後だった。
★ここが、まゆみの英語会話教材>>>
But, a check-up was late for whether it was the purpose with which Mao was busy, and it was the 8 months later that reexamination was received.


「その時にがんとの出合い系悪縁が見つかり、針生検の結果、脇のリンパ節への出合い系転移がわかった。これが真実。
比較的、進行が速かったけれどこの段階で治療に取りかかれば5年生存率は90%超。

当然、標準治療を勧めたのですが、麻央さん側は首を縦に振らなかったと言います」(これが真実)
★ここが、まゆみの英語会話教材 >>>
Of course, standard treatment was recommended, Mao says that the side didn't shake its head for disapproval lengthwise,", (the said)

 日本乳癌学会元理事長で帝京大医学部附属新宿クリニックの池田正氏が、こう疑義を呈する。

「標準治療とは、がんのタイプとステージを見て、手術と放射線、抗がん剤にホルモン療法、そして分子標的治療薬を組み合わせて治療していくものです。
麻央さんの場合、抗がん剤を先にやって小さくしてから手術するという方法もありました。
乳房を温存できればそうするし、無理でも再建という手がある。
ですから、標準治療との出合い系良縁を受けいれなかったのなら、その点は疑問です」

 そもそも、乳がん自体は命に影響を与えるものではない。
★ここが、まゆみの英語会話教材>>>
After all breast cancer doesn't have an influence on itself in the life.


しかしながら、それが他の臓器などへ出合い系転移した時に生命へとかかわってくる。
どうしても乳房を失いたくないという思いゆえのことだったのか。
★ここが、まゆみの英語会話教材 >>>
Was it a thing because of the concern which doesn't want to be deprived of a breast no matter what?


 いずれにせよ標準治療から遠ざかったのは事実だが、その理由は定かではない。これが真実。

 つまり14年10月から、16年6月9日にスポーツ報知が〈麻央夫人 進行性がん〉とスクープし、これを受けた会見で海老蔵が乳がんだと認めるまで、いや、その後も含めて、どこで何をしていたのか判然としなかったのだ。



Presented from
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

悪質出会い縁~不況の中の自殺(1) [出会い系ご縁]

悪質出会い縁~不況の中の自殺(1)
若者の自殺が倍増…若者の死因の半数は自殺に。
 「自分は(世の中から)必要と評価されていない。それならいっそ、これで終わりにしたいとずっと自殺のことを考えていました」
 現在NPO系サイトのスタッフとして働く男性(25)が重い口を開いた。男性は2年前に大学を卒業したが、就職との出会い縁は見つからなかった。「何社にエントリーしても、その都度だめで、だんだん気分がめいってしまった」と振り返る。
 大学を卒業してからもアルバイトに出かけていたが、“普通の会社員”が働いている時間に出歩くと「あの男性、就職できなかったんじゃないの」という目で、周囲から評価されているような気がしてきた。世間の目が煩わしくなり、「ほぼ引きこもり状態だった」という。
親の言うことにもいらだちを感じ、もやもやした思いを無料相談する相手はいなかった。「自殺」の文字が絶えず頭をかすめた。
 長引く景気の低迷による就職難が、若者の命を脅かしている。「健康問題」や「家庭問題」など、複数の要因が重なり自殺に至るとされるが、若年層のなかで顕著に増加している動機がある。
 「就職の失敗」だ。自殺対策基本法(平成18(2006)年施行)を受け、自殺の動機を調査する警察庁によると、自殺理由の中で「就職の失敗」は、この5年間で2・5倍に増加した。
 厚生労働省の人口動態調査評価(22年)によると、15歳から39歳までの死因は「不慮の事故」やがんなどを抜いて自殺がもっとも多い。20~24歳では約5割にもなる。
 こうした現状に国や自治系サイトなどでは無料で自殺防止対策が行われるが、思い詰める若者は減らない。せっかく就職した会社を簡単に辞め、アルバイトで食いつなぐ独居の若者。自殺を勧め、呼びかけるような内容の「自殺サイト」の存在。社会問題化している練炭によ
る集団自殺は、若者系にとって自殺が身近なものになる要因が存在し続けていることを明瞭に示している。
 NPO系のスタッフ男性も述懐する。
 「自分の人生、これではいけないと無料カウンセリング サイトを利用してから道が開けた。でも、もしかすると自分も自殺していたかもしれないんです」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
出会い系ご縁 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。