So-net無料ブログ作成
英会話勉強法おすすめ真由美 ブログトップ

従軍慰安婦~これが真実 [英会話勉強法おすすめ真由美]

系子の~これが真実との出会い!?
日本の対韓国との、お出会い外交について
先日、日本維新の会の橋本さんが、従軍慰安婦について質問された時に、酷い発言をしてしまい、韓国、英語圏、そして日本国内からも袋叩きとの出会い状況です。

橋本さんと、バッシングとの出会い 三ツ星は仕方ないですけど、ここでは、別の出合い縁を見てみます。
まずは、何故、いまだに従軍慰安婦のことが問題にされるのでしょう?
もう、昔話の領域に入っても変ではないのにです。
実は韓国は国内にだけでなく英語圏を初め世界中に、日本の悪口、日本がどれほど酷い行為を韓国にしてきたかを言いふらし続けているのです。~これが真実!?


確かに日本は酷い行為をしましたが、韓国に対して善いこともたくさんしているのに、そういうことはシャットアウトしています。

例えば、ソウルに、「独立の門」が有りますが、それの建立の由来を、韓国国民の多くが、「日本からの独立の記念のため」と信じています。
しかしながら、日本からの独立は1945年で、独立の門の建立は千八百年代です。ここが変だぞ!
本当の由来は、「清」からの独立なのです。
しかも、それができたのは、日本が、日清戦争に勝利したためです。
しかし、そういった様々な事実は全て棚上げです。 ~これが真実!?
それというのも、いまだに休戦状態が続いている、北朝鮮の脅威との出会い 三ツ星が原因の一つです。
国民に日本への共通の怨み、憎しみを持たせることで国民一丸にしようとしています。
そして、もう1つは経済悪化で人気低下の大統領のイメージアップのためです。領土問題で、自国はもちろん英語圏を初め世界中に訴えているのも、そのためです。

そして一番、ここが変だぞ!と思うのは日本のメディアが、それらのことごとを一切報道しないことです。
ここを英語会話で~and this is the strangest -- thinking ! is that media of Japan do not report everythings [ those / any ].
メディアが、やっているのは韓国と一緒になっての橋本さん叩きです。
本当に情けないと思います。~これが真実!?

朝鮮独立は日本が清に勝利したおかげです。
ここを英語会話で~And Korean independence is the favor to which Japan defeated Kiyoshi.

その証拠は、独立門説明板です。
この独立門が建てられたのは1897年と刻まれています。
ところで日韓併合は1910年だし、日韓併合解除(日本からの独立)は1945年です。
ここを英語会話で~It is minced with 1897 that this independent gate was built.
By the way, Japanese Annexation of Korea will be taken out in 1910, and the Japanese Annexation of Korea release (independence from Japan) is in 1945.

どう考えれば、つじつまが合うのでしょう???
独立門(どくりつもん)は、大韓民国ソウル特別市西大門区峴底洞(ヒョンジョドン)101番地の独立公園内にある門。
日清戦争により日本が清に勝利し、下関条約にて清の冊封体制からの李氏朝鮮の独立を認めさせた。
これにより李氏朝鮮は清の支配から解放され、自主独立国家として歩みだすことになり、その記念として清への服属の象徴の一つであった迎恩門を壊し、そのすぐ隣に建設されたのがソウル独立門です。。

「日本からの独立記念の門」と、韓国国民が信じているのは、「日本は極悪非道な国である。」という、徹底した韓国政府の教育によるものです。
実は、韓国は自国民への教育の他に、英語圏など世界中に、日本の様々な悪口を言い続けています。
もう昔話といってもいい従軍慰安婦問題や、現在進行中の領土問題もその一部です。
なぜか、日本のメディアが、それを報道しないので、日本人が知らないだけなのです。
ここを英語で~Without knowing why, since media of Japan do not report it, Japanese people do not only know.
では、何故、韓国が、そこまで日本を悪者にするのでしょうか?
確かに、過去、韓国、朝鮮に対して酷いことをしたのは事実ですが、逆に、韓国、朝鮮に対して、「善い出合い縁」もたくさんあるのにです。
理由は、北朝鮮の驚異です。
ここを英会話で~A reason is the wonder of North Korea.
実は、朝鮮戦争は、いまだに「休戦状態」であり、戦争との出会い縁は終わっていないからです。
そのため、韓国政府は、全国民に日本への憎しみを持たせることで、国民一丸になろうとしているのです。
それだったら、憎しみの材料にすべきなのは北朝鮮や中国なのに、そうしないのは、北朝鮮や中国を刺激するのが怖いからです。

日本も、ずいぶんと舐められたものです。
もちろん、我が国が、優しいお出会い外交であることが知られているからでしょう。~これが真実!?
英語の参考資料
まゆみの、英語会話学習法
英語/英会話教材
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

もと民主党の小沢新党~これが真実との出合い!? [英会話勉強法おすすめ真由美]

もと民主党の小沢新党「国民の生活が第一」 ネット世論調査では支持率41%!
大新聞メディアの調査はアテにならない~これが真実との出合い!?
Investigation of a large-sized newspaper cannot be trusted.
この数字の開きをどう理解すればいいのか。
 1日に党本部を開設し、もと民主党の小沢代表の下で本格始動した「国民の生活が第一」。メディア~新聞各社の世論調査では支持率2~4%で「期待度は低い」とか書かれているが、ネット世論調査では支持率が40%を超えているのだ。
the "opinion poll of each newspaper company -- 2~4% of an approval rating -- the degree of expectation is low" -- although written, in the net opinion poll, the approval rating is over 40%
 仰天の数字が出たのはヤフーの政治投票サイト「みんなの政治」。先週末に行った調査で、野田内閣の支持率は、たったの4%。不支持は96%だった。
The approval rating for the Noda Cabinet is only 4%. Nonsupport was 96%.
これは当たり前の話で、何の驚きもないが、「国民の生活が第一」の支持率は41%だったのだ。~これが真実との出合い!?このメディア調査の有効投票数は2982件。回答者の属性を見ると、40~60代が81%と大半で、男性が86%を占める。職業は「正社員」が25%、「自営業・自由業」が21%だ。つまり、新聞の電話世論調査が行われる時間帯には自宅にいなくて、普段ワイドショーを見る機会も少ない人々ということだ。
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

メディア系サイトを精査 [英会話勉強法おすすめ真由美]

メディア系サイトを精査
混乱Confusionに向き合うために?情報の精査Scrutinization of informationを
ひどい煽り報道Influence report が続くと、それに対する受け手サイトからの批判的評価も当然起こる。一般市民の大半は賢明で放送をしっかり観察している人が多い。
出版関係者がそろって言うところによれば、昨年秋ごろから、「放射能Radioactivityものは売れない」状況になっている。おかしな評価情報のばかばかしさに、大半の人が気づいたのだろう。
Probably, most persons noticed the foolishness of strange evaluation information.
また私の見聞した福島の人々の煽り報道Influence reportへの反応を紹介したい。
ある公的団体は東京、朝〇新聞の報道に不信感を示し、両社の取材には情報を出さなかったそうだ。「あんなデマ流す人たちに話したら、何書かれるか分かりませんから」。別の行政関係者は昨年話していた。
「放射能デマ評価の雑誌なんてばかばかしくて、福島では誰も買っていませんね。私たちのHometownを何だと思っているのでしょうか」。
当然の反応だろう。市民Citizenによるメディア系サイトMedia system site への「監視」「反撃」がどのように広がるのだろうか。「なぜ適切な評価情報を伝えなかったのか」と、残念な思いを持ちながら、筆者は注目している。
震災、原発事故から1年が経過し、社会は落ち着きを取り戻し始めている。そして福島200万人の同胞をはじめ、大半の人々は復興に取り組んでいる。そろそろ冷静に物事を考えるべきだ。
煽り報道を含めたジャーナリズムの玉石混淆は今後も続くだろう。私たちは、メディア系サイトを精査し、さらに監視して、時には「おかしい」と批判Criticismすること、また惑う人を時には説得する形で無料情報Free information に向き合わなければならない。
えいごeigo多用で失礼しました。

小沢茶番裁判~これが真実 [英会話勉強法おすすめ真由美]

「小沢茶番裁判すぐ中止にするべき。この国の検察、警察はデッチ上げで犯罪、犯人を捏造している。
一体この裁判は何なのか。強制起訴された小沢一郎元代表(69)の裁判がグチャグチャになってきた。
16日の第10回公判には、例の村木事件でフロッピーを改ざんして有罪になった元検事の前田恒彦
受刑者(44)が証人として出廷。大久保隆規元秘書を取り調べた担当として呼ばれたのだが、口にしたのは、
2年前当時の東京地検特捜部の驚くべき内情だった。「裏金があったと“妄想”を描いている(特捜)幹部もいた」 ~これが真実
と平気で証言し、「私が裁判官なら(小沢)無罪と判決を書く」とまで言い放ったのだ。もはや地検特捜部は
捜査機関の体をなしていない。瓦解も同然だ。こんなデタラメ検察がつくり上げた小沢裁判を続ける必要があるのか。 ~これが真実
小沢裁判を傍聴し続けているジャーナリストの江川紹子氏が言う。
「最大の問題は、検察が証拠を隠したり調書を作らなかったために、検察審査会に正確な情報が伝わらず、
正しい議決に結びつかなかった可能性があることです。もちろん、国民の判断を誤らせてきた新聞やTVメディアの責任も重大です」 ~これが真実
前日の公判では証人台に立った田代政弘検事(44)の証言が問題になった。小沢強制起訴の最大の根拠である 石川議員を再聴取した際の捜査報告書を、以前の“記憶”とゴチャ混ぜにして捏造していたことが明らかになった。
検察と一体になって小沢叩きを展開した読売新聞までが、1面トップで「検事報告に虚偽」「有罪立証にダメージ」と 書かざるを得ない非常事態になってきた。もはや勝負ありだ。
検察のデッチ上げ体質、証拠隠しはバレバレである。この先いくら小沢裁判を続けたところで、「無罪」は動かなくなった。 ~これが真実
いくら「推認」好きの裁判長だとしても、小沢をクロにすることは無理だ。それならサッサと裁判を中止すべきだ。こんな茶番裁判に莫大な税金を使い、小沢一郎を幽閉して何の意味があるのか。百害あって一利なしだ。」

これほどの記事が駅売り新聞に出ました。しかし、相変わらず、殆どの大新聞やTVメディアは無視か、取り扱っても、申し訳程度の小さい扱いです。官僚に不利な情報だからです。
したがって、国民の八割は、このことを知りもしないで終わるでしょう。~これが真実!!水野まゆみ






増税やむなし報道を掘り下げ [英会話勉強法おすすめ真由美]

メディア系サイトの報道では、増税やむなし、が主流になっていますが、増税すればデフレ不況が、今よりももっと深刻化して貧富の差が、考えられない極限になるのが真実!?

デフレ不況の今、賃金の大幅カットやリストラ、あるいは会社倒産との悲劇的出合い が日本を襲っています。
ここで、少し変な話をします。
デフレ不況でも、お金持ち系や、自分の収入が下がらない人には、デフレは無関係、と言うか、物価が下がる分、生活水準は良くなるんです。例えば、公務員や東電、新聞社も、その仲間です。平均年齢36才で年間所得が公務員は640万円で、東電は740万円くらいです。新聞社も昔から高給で知られています。最近の具体的数字は把握出来ていませんが、いくらデフレ不況になっても新聞料金が安くなった話は聞かないので、かなりのハイレベルを維持しているでしょう。つまり、ほんの一握りですが、そういう人々には消費税が五%ぐらい上がっても生活上たいした影響がありません。それどころか増税で買い控えが発生してデフレスパイラル不況がもっと深刻になり物価が下がれば、ますます、彼らの暮らしは豊かになってしまいます。報道されませんが、これが真実です。
ところで、某有名な経済アナリストさんのお話によると、財務省官僚と新聞社に、ある謀略の疑いがあるそうで
す。。

阪神淡路大震災の後、二年間は復興事業のため好景気でしたが復興事業が終了を迎えた頃に消費税との出合い で深刻なデフレ不況になってしまいました。
今、あの時に似た状況です。頭の良い彼ら官僚や新聞社の方が、もし増税したらどういう結末になるのか、わか
らない筈がありません。
つまり、意識的にデフレ不況を悪化させようという謀略の疑いです。
財務省が増税案を立て、新聞が肯定的な記事を書く。見事なタッグです。現実に、最近の世論調査では、日本人の六割が「増税に賛成」私は、まさか本当だとは思いませんが、結果的には、疑われても仕方ない事態になってしまうでしょう。

繰り返しますが、増税すれば、ますます失業者が増加し、倒産は免れても厳しい減給で、さらに厳しい生活状況
に陥ると同時に、この国の貧富の差が、考えられない極限にまで大きくなってしまうでしょう。
官僚さま、報道陣さま、民主党さま、のどなたさまでも、目を覚まして頂ければよいのですが。
わたくし水野真由美が大胆に掘り下げました。




英会話勉強法おすすめ真由美 ブログトップ