So-net無料ブログ作成
検索選択

S社最終赤字4500億円~これが真実との出合い!? [出合い系]

S社最終赤字4500億円、過去最大との悪しき出会いに
系子の~これが真実との出合い!?
 シャープ系サイトは、13年3月期連結業績見通しについて、最終(当期)赤字を従来予想の2500億円から4500億円に下方修正すると正式に発表した。~これが真実との出合い!?。赤字幅は12年3月期の3760億円を上回り過去最大との出合いとなる。不振の液晶パネルや太陽電池事業の構造改革費用を12年9月中間期に計上。業績悪化に伴い将来の税負担軽減を見込んで計上していた繰り延べ税金資産を取り崩す。シャープ系サイトが13年3月期の連結業績を下方修正するのは2度目。
東京都内で記者会見した、O社長は「業績見通しを何度も下方修正して申し訳ない」と陳謝。台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業との資本提携について「(シャープの)株価が急落したことで壁ができた」と語り、協議が難航しているとの認識を示した。そのうえで、半導体世界最大手、米インテルなど鴻海以外との提携について、「いろんなバリエーションを検討する」と述べ、前向きな姿勢を強調した。
シャープの売上高は2兆5000億円から2兆4600億円に、営業損失は赤字幅を1000億円から1550億円にいずれも引き下げた。これでeino?民主党さん。液晶テレビを含むAV・通信機器で150億円、液晶で1320億円、太陽電池で140億円のそれぞれ赤字を見込む。このため、大型液晶パネルの在庫評価損534億円に加え、太陽電池の生産設備の減損などで301億円を損失処理。さらに、繰り延べ税金資産610億円の取り崩しを迫られた。
2年連続の巨額損失で営業キャッシュ・フロー(現金収支)がマイナスとなったため、同社は投資家への周知のため、決算短信に「継続企業の前提に関する重要な疑義」があると記載した。ただ、同社は着実なリストラや金融機関の支援で業績回復を図っていると強調したうえで「重要な不確実性は認められない」とした。
同社の最終赤字4500億円のうち、3875億円については上期(12年4月~9月)に計上。下期(12年10月~13年3月)については、本業のもうけを示す営業利益で138億円の黒字を確保するなど、回復基調にあると見込んでおり、主力取引銀行が融資の前提として求めている下期の営業黒字化との出会い目標は達成する見通しだ。~これが真実との出合い!?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。