So-net無料ブログ作成

メディア系サイトを精査 [英会話勉強法おすすめ真由美]

メディア系サイトを精査
混乱Confusionに向き合うために?情報の精査Scrutinization of informationを
ひどい煽り報道Influence report が続くと、それに対する受け手サイトからの批判的評価も当然起こる。一般市民の大半は賢明で放送をしっかり観察している人が多い。
出版関係者がそろって言うところによれば、昨年秋ごろから、「放射能Radioactivityものは売れない」状況になっている。おかしな評価情報のばかばかしさに、大半の人が気づいたのだろう。
Probably, most persons noticed the foolishness of strange evaluation information.
また私の見聞した福島の人々の煽り報道Influence reportへの反応を紹介したい。
ある公的団体は東京、朝〇新聞の報道に不信感を示し、両社の取材には情報を出さなかったそうだ。「あんなデマ流す人たちに話したら、何書かれるか分かりませんから」。別の行政関係者は昨年話していた。
「放射能デマ評価の雑誌なんてばかばかしくて、福島では誰も買っていませんね。私たちのHometownを何だと思っているのでしょうか」。
当然の反応だろう。市民Citizenによるメディア系サイトMedia system site への「監視」「反撃」がどのように広がるのだろうか。「なぜ適切な評価情報を伝えなかったのか」と、残念な思いを持ちながら、筆者は注目している。
震災、原発事故から1年が経過し、社会は落ち着きを取り戻し始めている。そして福島200万人の同胞をはじめ、大半の人々は復興に取り組んでいる。そろそろ冷静に物事を考えるべきだ。
煽り報道を含めたジャーナリズムの玉石混淆は今後も続くだろう。私たちは、メディア系サイトを精査し、さらに監視して、時には「おかしい」と批判Criticismすること、また惑う人を時には説得する形で無料情報Free information に向き合わなければならない。
えいごeigo多用で失礼しました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。