So-net無料ブログ作成

日本の年金制度系に新たな風との出会い縁 [出合い縁]

日本の年金制度系に新たな風との出会い縁
世論調査系サイトで8割もの男性女性有権者が「賛同」する国会議員定数と国家公務員給与の削減は、必要条件の1つに過ぎず、十分条件では有りません。政治の迷走と官僚の横暴に対する怨嗟の声voiceを見誤ってはいけません。
「社会保障と税taxの一体改革」は相も変わらず、労使のベア(えいごbeer)交渉の如き数字と時期timingの議論に留まっています。
低額年金生活者より恵まれる生活保護受給者は昨年末に206万人を超えover、総額3兆円を突破。4県に1県で最低賃金との逆転現象も生じています。
他方、国立社会保障・人口問題研究所の予測に拠れば、日本japanの人口は7年前から減り続け、20年後には1500万人も減少。人口構成が富士山系だから維持し得た日本の年金制度系に新たな風との出会い縁が必要で。、今こそ大転換せねばなりません。
乳幼児から、あだると世代まで毎月一定の金額を一律に、世帯単位でなく個人単位で配当するベーシック・インカムbasic income(えいご)=最低所得保障の導入を評価するわけです。

日本の株式会社の7割、連結決算を導入する超大企業でも66%が、国税の法人税と地方税の法人事業税を1円も納付していません。利益に課税する仕組みだからです。一票の格差を上回る「不条理」。支出に対して課税する外形標準課税との出会い が不可欠です。
総額年間 3 兆円に上る輸出戻し税は現在、最終販売業者の超大企業に還付され、材料や部品の中小納入業者には出会い縁がありません。
仮に消費税率10%になれば、大手企業へ還付される輸出戻し税は 6 兆円にも膨らみます。
日米合作の中国包囲網と喧伝されるTPPこそ、公正な通商とは対極。対抗手段で中国がEUとFTAを締結したなら、モノ作り産業で日本と張り合うドイツは、部品や機械等の中間財を関税ゼロで中国に輸出し、現地生産の自動車市場で日本は大敗します。中韓、インド、豪州等を加えたASEAN+6(eigo)で自由貿易協定を結び、その上でアメリカ(えいご)とも協調する戦略こそが必要です。
福島での除染は「移染」に過ぎず、更なる被曝の悲劇を生み出します。原発の周囲30km圏は「放射能に占領された領土」と冷徹に捉え、最終処分場として居住禁止区域に設定し、当該住民には国家が新たな住居と職業を保証すべき。
役員総退陣のみでは、東京電力への巨額の税金投入に、国民は納得しません。一時国有化でなく、往時の国鉄分割民営化に学んで、新社・旧社に分割処理する公正評価な気概こそ必要なのです。

検審に送付されなかった非出合い報告書70点 [まゆみのえいご英会話教材]

「民主党小沢氏には裏ガネ渡さず」―検審に送付されなかった報告書70点~これが真実との出合い!?
東京地検特捜部が犯した悪質違法行為の証拠が見え始めた。小沢一郎元民主党代表が土地購入をめぐって政治資金規正法違反で強制起訴された陸山会事件で、特捜部は「小沢氏シロ」となるような捜査記録を検察審査会サイトに送付していなかった。メディアジャーナルで幾度も取り上げてきた。
特捜部が意図的に検察審査会に送付しなかった捜査記録(不起訴記録)とは、「水谷建設以外のゼネコンは『小沢氏に裏金を献金したことはない』と供述した」調書の類だ。これが70点もあったことが9日、明らかになった。小沢元代表の弁護人の求めに応じて、検察官役の指定弁護士が提出したのである。
~これが真実との出合い!?
すでに市民団体が特捜部を悪質な偽計業務妨害の罪で刑事告発しているが、70点もあったことに改めて驚く。
一方で、「石川知裕被告が小沢氏の関与を認めた」とする供述調書を捏造し、こちらは検察審査会に送付している。「シロ」は送らず、「クロ」を捏造して送ったのである。真実との出合いを妨害されました。腐り切った体質には呆れ果てるばかりだ。
元検事で裏ガネ問題や政治資金規正法に詳しい郷原信郎弁護士は10日、都内で緊急記者メディアレクを開き次のようにコメントした―
「検察審査会による起訴議決の有効性を裁判所は問うべきだ」「無茶苦茶なことが行われた。2度としてはならない、という強い意志を検察は示すべきだ」。
送付されなかった70点の捜査報告書は現時点ではリストしか明らかにされていない。郷原弁護士は「内容もすべて公開すべきだ」と強調する。~これが真実との出合い!?

「民主党小沢氏に裏ガネを渡していない」とするゼネコンの供述内容がすべて明らかになった時、でたらめの限りを尽くした検察の実態も白日の下にさらけ出される。陸山会裁判の大きな曲り角となることは確実だ。
 裁判所はどのような判断を下すのか。司法の体質が厳しく問われることになりそうである。問題は新聞、評論家など、霞が関に、お金(官房機密費)で手なずけられ、恋愛系みたいな関係のメディアです。彼らが、いつものように霞が関に従順であれば、この重大事実も国民は知らされないまま、何事もなかったかのように終わるでしょう。
「小沢は悪質」の評価は継続。国民は真実との出合いを与えられず、霞が関という本当の、悪質サイトの、「増税して、デフレが進み物価が下がれば、官僚の生活は更に良くなる。」の思いどうりになるでしょう。ついでに、新聞社だって、デフレとは非出合いです。新聞料金は定額です。世の中とは無関係に、定期昇給まであるので、消費税アップの結果として、不景気加速、物価の下落は、大大歓迎なのです。一般企業の社員たちが、リストラや賃金の大幅カットでくるしんでいるというのに。。。。これが真実!?
出会系子でした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。