So-net無料ブログ作成

小林麻央「奇跡との出合い縁はまだ先にある」がん一部切除手術 [まゆみの英語会話教材]

「これが真実との出会い縁」まゆみの英語 勉強法です。

小林麻央「奇跡との出合い縁はまだ先にある」がん一部切除手術


乳がん闘病中の小林麻央(34才)が、手術を受けたことを明かした。
☆まゆみの英語 勉強法>>Mao Kobayashi (34 years old) revealed that she during a breast cancer fight against illness had an operation .

この日更新したブログサイトで、「病院の先生方の勇断により、先日、手術を受けることができました。
術後、徐々に回復してきたため、ご報告させていただきます。
私の場合、根治系の手術ではなく、局所コントロール、QOLの出合い手術です」と報告した。
さらに「一時は、胸や脇の状況が深刻になってしまったため、手術さえも選択にありませんでした。
手術をしたからといって、肺や骨にがんは残っており、痛みもあるので、これからが闘いです。
☆英会話 教材 おすすめ まゆみ>>Because cancer remains on the lungs and the rib because I was operated on, and there is the pain, this is a fight.

なので、心からの喜びとの出合いまではいきません。
が、先生方が大きな手術にチャレンジしてくださったことは、大いに大いに喜んで、心からの感謝をしています」とつづった。
医療関係者によると、局所コントロール手術は、現状のQOL(Quality of lifeの略で、生活の質の意味)を落とさずに守っていくための手術という。
ブログではどこを手術したのか、時期なども明かしていないが、同関係者は「ブログを読む限りでは、乳がんの患部(乳腺)や、転移した脇のリンパ節などを切除したことは間違いないでしょう。
ただ、根治のためではなく、痛みなどのストレス系との出合いを緩和することが目的でしょう」と説明した。
麻央はブログで「まわりの皆は、ここまでこられたことが奇跡だと言ってくれますが、奇跡をここでは使いたくないです。
☆まゆみの英語 勉強法>>Mao is blog; "everybody of the circumference says that it is a miracle to have been able to come to here, but do not want to use the miracle here.

奇跡はまだ先にあると信じています」と完全回復との出合いへの強い思いを明かした。

 麻央の乳がんは今年6月に夫の市川海老蔵(38)が会見で明かし、「今後、手術する方向」と話していた。
実際に手術したことを発表したのは今回が初めて。

<ブログサイトによる小林麻央の乳がん闘病>

 ▼14年2月 海老蔵と人間ドックを受診。左乳房に腫瘍があることが分かり、がんの確率は50%と診断される。
後日、再検査もがんとは診断されず、念のため半年後に再検査と言われる。
☆英会話 教材 おすすめ まゆみ>>I receive a clinical survey with Ebizo in February, 14. I understand that the left breast has a tumor, and the probability of cancer has a diagnosis of 50%.
The reexamination is said to be reexamination just to make sure later a half year later without cancer being diagnosed.

 ▼同8月 半年たつも、多忙のため再検査を受けられず。

 ▼同10月 左胸のしこりに気がつき、その場で検査を予約。

 ▼同月11日 検査日。脇にもしこりが発覚し「95%がん」と言われる。
☆まゆみの英語 勉強法>>▼ A same month 11 inspection day. Stiffness is found out aside and is said to be "a 95% cancer".

 ▼同21日 がんの告知を受ける。脇とリンパ節に転移していた。その後、肺や骨などにも転移。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0