So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

出合い系良縁「標準治療」を受けず [出会い系ご縁]

出会系子の「これが真実との出合い系ご縁」

出合い系良縁「標準治療」を受けず

2014年2月、PL東京健康管理センターで人間ドックを受けた際、左乳房に「しこり」が見つかった。
★ここが、まゆみの英語会話教材 >>>
When receiving checkup at PL Tokyo health care center in February, 2014, "the stiffness" was found by the left breast.


「精査すべし」と判断が下り、虎の門病院へ。
診察を受けたところ、腫瘍の存在が確認されたうえで、

「若い女性に多い良性の乳腺線維腺腫との出合いに見受けられたようです。
全く問題がなさそうなら半年後と言うのですが、白黒はっきりしないので“3カ月後に来てください”と伝えたのです。
これが真実。
彼女のブログには
〈「授乳中のしこりですし、心配いらないですよ。
半年後くらいに、念のため、また診てみましょう」と言われました〉と綴られていますが……」
★ここが、まゆみの英語会話教材 >>>
Just in case, I'll examine again after half year,", and, that it was called>, it's written...,...,".

と、虎の門関係者。
ところが、麻央さんは多忙だったためか、受診が遅れ、再検査を受けたのはその8カ月後だった。
★ここが、まゆみの英語会話教材>>>
But, a check-up was late for whether it was the purpose with which Mao was busy, and it was the 8 months later that reexamination was received.


「その時にがんとの出合い系悪縁が見つかり、針生検の結果、脇のリンパ節への出合い系転移がわかった。これが真実。
比較的、進行が速かったけれどこの段階で治療に取りかかれば5年生存率は90%超。

当然、標準治療を勧めたのですが、麻央さん側は首を縦に振らなかったと言います」(これが真実)
★ここが、まゆみの英語会話教材 >>>
Of course, standard treatment was recommended, Mao says that the side didn't shake its head for disapproval lengthwise,", (the said)

 日本乳癌学会元理事長で帝京大医学部附属新宿クリニックの池田正氏が、こう疑義を呈する。

「標準治療とは、がんのタイプとステージを見て、手術と放射線、抗がん剤にホルモン療法、そして分子標的治療薬を組み合わせて治療していくものです。
麻央さんの場合、抗がん剤を先にやって小さくしてから手術するという方法もありました。
乳房を温存できればそうするし、無理でも再建という手がある。
ですから、標準治療との出合い系良縁を受けいれなかったのなら、その点は疑問です」

 そもそも、乳がん自体は命に影響を与えるものではない。
★ここが、まゆみの英語会話教材>>>
After all breast cancer doesn't have an influence on itself in the life.


しかしながら、それが他の臓器などへ出合い系転移した時に生命へとかかわってくる。
どうしても乳房を失いたくないという思いゆえのことだったのか。
★ここが、まゆみの英語会話教材 >>>
Was it a thing because of the concern which doesn't want to be deprived of a breast no matter what?


 いずれにせよ標準治療から遠ざかったのは事実だが、その理由は定かではない。これが真実。

 つまり14年10月から、16年6月9日にスポーツ報知が〈麻央夫人 進行性がん〉とスクープし、これを受けた会見で海老蔵が乳がんだと認めるまで、いや、その後も含めて、どこで何をしていたのか判然としなかったのだ。



Presented from
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

「民間療法」これが真実との出合い系ご縁

出会系子の「これが真実との出合い系ご縁」

小林麻央さんの命を奪った

「民間療法」これが真実との出合い系ご縁

 乳がんとの2年8カ月の闘いの末、天に召された小林麻央さん(享年34)。
病院での再検査を急ぎ、標準治療を受け入れ、命を奪うことになる忌わしき民間療法との出合い系悪縁を拒絶すべきだったのだが……。
★英語会話教材 >>>
I should refuse the disgusting "therapeutic cult" which will hurry reexamination at a hospital, accept standard treatment and take the life...,....


 去る6月23日、市川海老蔵(39)が自身の舞台公演の合間に、しかも予定時間を大幅に超える20分を掛けて訴えたかったのは、幸福との出合いとは何かということだった。
例えば、麻央さんがよく話していた言葉について問われ、時に震える声でこう答えている。
★英語会話教材 >>>
For example Mao is being asked about about the word about which I was often speaking and is answering so by the voice which sometimes trembles.


〈自分よりも相手のことを心配する優しさ。
(中略)
どこまでも自分よりも相手のことを思う気持ち。
これがね。一番多かったですね〉

 会見では出てくることはなかったが、心のうちに去来し、響いていたフレーズがあったはずだ。
★英語会話教材 >>>
It has not come out at Aimi, but it has to have recurred over the heart and have been a phrase which was sounding.

 あの過ちを消すことができるなら。
あの日に引き返すことができたならば……。

 事実、麻央さんが昨年9月に始めたブログには、こんな記述もあった。

〈あのとき、/もっと自分の身体を大切にすればよかった/あのとき、/もうひとつ病院に行けばよかった/あのとき、/信じなければよかった〉(9月4日)

 ならば、彼女の病歴を振り返っておかねばなるまい。
★英語会話教材 >>>
When it is, I have to look back to her case history.


Presented from 出会系子の「これが真実との出合い系ご縁」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

これが「代替医療」との真実との出合い系ご縁

まゆみの「これが真実との出合い系ご縁」

小林麻央さんも頼った「代替医療」との出合い系悪縁について

 幼い子ども2人を残して34歳の若さで亡くなった小林麻央さん。

「標準治療に出合い、選んでいれば助かったのではないか」と、その死を惜しむ声があがっている。
★まゆみの英語会話教材 >>>
"When choosing standard treatment, maybe it was saved." and, the voice which regrets the death is rising.

乳がんそのものは手術での除去に加えて、放射線治療・抗がん剤・ホルモン療法・分子標的治療薬などとの出合い系統を組み合わせる“セオリー通り”の標準治療を行っていれば、5年生存率が90%を超えたとされる。

 先週発売の週刊新潮(7月6日号)では、麻央さんが気功に出合い、それに頼っていたという関係者の証言が報じられている。
★まゆみの英語会話教材 >>>
Testimony of the person concerned who says then that Mao depended on qigong for weekly Shincho of the sale (July 6 number) was reported last week.

事実、麻央さんのブログでは気功との出合い縁のほか、マッサージ、サプリメント、温浴療法、酵素風呂などの言葉が散見され、夫・海老蔵のブログからも長女・麗禾ちゃんや長男・勸玄くんをともなって気功に通っている様子が窺える。

 麻央さんはブロで綴っている。「マッサージをしたり気功をしたりサプリを飲んだりしても、私は本当に身体が鈍感だから効果がまだよく分からないの。」
★まゆみの英語会話教材 >>>
Mao is writing in a blog. "Even if I massage, do qigong and drink SAPURI, because a body is really insensible, don't I know the effect well yet."
思ったような効果が得られなかったことに、苦しい胸中が垣間見える。


 現代の科学では効果との出合い系統良縁が検証できていない治療法を総称して代替療法と呼ぶ。
英国の科学ジャーナリスト、サイモン・シン氏は著書『代替医療解剖』のなかで、鍼・ホメオパシー・カイロプラクティック・ハーブ療法という代表的な代替医療を、その起源から現状まで徹底取材し、科学的な評価を加えている。
またオステオパシー(整骨療法)やコロンセラピー(結腸洗浄)、酸素療法、医療用ヒルなど新奇な出合い系統的治療についても丁寧に検証している。
そのうえでこうサイモン・シン氏はこう語る。

「代替療法は大繁盛しているが、多くの場合は誤った考えを抱いてしまったセラピストによって、ときには大衆を食いものにするニセ医者との出合い系悪縁によって、人びとは繰り返しまどわされている。
今こそ、まやかしがはびこるのを食い止めて、本物の治療法を優先させるべきときではないだろうか」
★まゆみの英語会話教材 >>>
Isn't it when I stop eyewash thriving now, and should make them give priority to a real remedy,".

 歴史的にみれば、代替医療として出合い縁から広まったのち通常医療に受け入れられた治療法が数多く存在しており、そのメカニズムが未来において証明される療法もあるだろう。
代替医療が患者の心理的な苦痛を緩和するケースがあることも否定できない。

しかし、代替医療の導入にあたってはしっかりとその療法のリスクと現在時点での科学的評価を確かめることが重要だ。
★まゆみの英語会話教材 >>>
But it's important to make sure of risk of the method of treatment and the scientific grade as of present tightly in case of introduction of substitution medical treatment.

Presented from まゆみの「これが真実との出合い系ご縁」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

これが真実との出合い縁「調査報道」 [出合い系縁]

「これが真実との出合い縁」まゆみです。
記者2千人の朝日新聞が「調査報道」との出合い縁に無縁なのはなぜか?

◇渡辺周編集長の「記者としての出合い系原点」

僕自身は(2000年に)朝日新聞に入社したときから、割といろんなことをやりました。
たとえば、カルーセル麻紀さんとか、「ベティのマヨネーズ」のベティママとか、ニューハーフについての連載をやったりしました。
これは「男と女の間には」という連載なんですけど、結構名作なので、ぜひ見てください。
調査報道というのは、記者人生の後半に意識するようになりましたけど、それまではあまりなくて・・・。
ただ、いま思えば記者としての出合い系原点かなというのは、初任地だった島根県の松江支局での経験です。

当時、松江の本屋さんや町の人、役所の人とかの面白い人たちが秘密結社みたいなのを作っていて、毎週、宍道湖のほとりのおでん屋さんで謀議を交わしていたんですね。

そのなかで、あるとき、「病院で呼吸器の電源が抜けて、亡くなった患者さんがいる」という話が出ました。
まゆみのえいご英会話教材 >>>
When having that in it, it was brought into the conversation that I say "A power supply of the respiratory organ could be removed at a hospital
, and there was Mr. patient who passed away."

病院内は紛糾していて、「警察にちゃんと届出をすべきだ」と言っている。
だけど、亡くなったおじいちゃんはもともと重症で運ばれてきた人で、呼吸器の電源が抜けなくてもいずれ亡くなっていた、と。
だから、自然との出合い死であり、病死であるということなんだけど、病院の中では「とりあえず報告はしなくてはいけないんじゃないか」と言っている――。

そういうネタが入ってきて、取材をしたんですけど、警察や医者を含めて、みんな同じようなことを言うわけです。
「たぶん、電源が抜けた」と。
ただ、そのおじいちゃんは1回、心肺が蘇生したんですよね。
蘇生してから亡くなっているから、呼吸器の電源が抜けたことによって亡くなったのかどうかはよくわからない、と。
警察も「業務上過失致死には問えない。過失致傷ならどうかな」とか言っている。

そんな中、亡くなったおじいちゃんの奥さんのおばあちゃんのところに取材に行きました。
すると、仏壇におじいちゃんの海軍かなんかのときのカッコいい若い写真が飾ってあるわけです。
「これ、誰ですか?」と聞いたら、「うちのおじいちゃんだ」と。
おじいちゃんのときの写真ではなくて、若いときの写真が飾ってあるんです。

それで、(病院の対応について)「おばあちゃん、どうなの?」と聞いたら、「私は許せない」と言うんですね。
「なんで?」と聞いたら、おばあちゃんはこう言うんです。
「たしかにおじいちゃんは重症で運ばれて、もう先は長くなかった。
ただ、呼吸器の電源が抜けて、病院から呼ばれて行ったら、病院の人たちが必死に心臓マッサージをやっていて、おじいちゃんは血をゲホゲホ吐いていた」と。

おばあちゃんは「もうそんなことをしなくていい、苦しそうだから」と言ったんだけど、病院の人は「ここで亡くならせるわけにはいかないから」とやっている。
「いずれ亡くなったんだろうけど、最後にあんな苦しい死に方をさせたのはかわいそうで仕方ない」と、おばあちゃんは話していたんです。

それで、「病院の人は謝りにきたの?」と聞いたら、「謝りには来てないけれど、お葬式には来た」と。

「どうだったの?」と聞いたら、「お香典を20万円置いていった」と――。
まゆみのえいご教材 >>>
If I hear "How was it?", "200,000 yen of funeral money was left."--.

そのとき思ったのは、「誰のサイトに立って記事を書くのか」ということです。
(病院の医療者たちが)仕事をしている中では、ミスとの出合いも当然起こるんだけども、自分たちの職務上やるべきことをやったのかどうか。
犠牲者の立場に立ったとき、はたしてどうなのか、ということです。

いま振り返れば、この体験が(調査報道に力を入れることになる)原点だったかな、と思っています。
ワセダクロニクルは、共同通信と電通に関する調査報道「買われた記事」を掲載した


◇元警察官僚が「ジャーナリズムの今後」を心配
記者人生の途中から調査報道をやるようになったんですが、大阪の実家に帰省したとき、母親に「あんた、いま何をやってんだ?」と聞かれたんですよね。
「調査報道だよ」と言ったら、「あんた、いままで調べずに書いていたの?」と言われて(笑)。
そんな感じで、調査報道というのは何かとか、定義はいろいろあるんだろうけど、いまのような状況になってくると、やっぱり調査報道は必要だな、と思います。

◇「フォロー取材」ばかりしている大新聞系サイト
今回のテーマは「調査報道ジャーナリズムは成立するか?」というものですが、それは、やるかやらないかだけの話だと思うんですね。
考えてみてほしいのは、たとえば朝日新聞には記者が2000人以上いるわけです。
我々、ワセダクロニクルはお金がなくて、10人ぐらいの記者と、学生のリサーチャーたちで調査報道をやろうとしている。

朝日新聞は2000人以上も記者がいるのに「調査報道ができない」というのは、どういうことなのか。
まゆみのえいご英会話教材 >>>
Though there are also more than 2000 reporters, what kind of thing does Asahi Shimbun say to "Investigative reporting can't be done."?

なぜできないかといえば「出合い系フォロー取材」ばかりしているからなんですよね。
他社が書いた記事を落とさない。
特オチ(他社に特ダネを書かれること)をしない。
あるいは、自分が担当しているところはしっかり守るけれど、その陣地から出ていかないという取材をしている。
日本中にそういう取材のエネルギー、明日わかることを今日書こうとするエネルギーで満ち満ちている。
新聞などのマスメディア系サイトが、それにかけるエネルギーというのは、相当すごいと思いますよ。
「落とさない」「抜かれない」ための取材というのは結構大変で、夜回りして朝駈けして、「今日は他社に抜かれていないか」と毎日ビクビクしている。
でも、読者は誰も求めていないんですよ。
そんな「落とさない新聞」とかは。
あのエネルギーを調査報道に使ったらどうかと思います。

調査報道ができるかどうかは発想の問題で、規模の問題とかでは全然ないわけです。
まゆみのえいご教材 >>>
It's a problem of idea and is the reason I don't have at all by a problem of the scale whether investigative reporting can be done.

「調査報道ができるのか」と言えば、(その気になれば)当然できるということですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

急性アルコール中毒との出合い系悪縁の対処法 [出合い系縁]

「これが真実との出合い縁」まゆみの えいご教材 です。

急性アルコール中毒との出合い系悪縁の対処法
 
急性アルコール中毒との出合い系悪縁で救急搬送される人が多い。
東京消防庁サイトの管内では2015年は12月が最も多く、1779人だった。年間では1万5474人で、このうち20代が4割(6650人)を占める。
○まゆみの えいご教材○
There was the most December in the jurisdiction of the Tokyo Fire Department site for 2,015 years and was 1,779 people.
Of these, 20s accounts for 40% (6,650) in 15,474 people in the year.

11年からの5年間をみると、急性アルコール中毒との出合い系悪縁で救急搬送される男性、女性(恋愛カップルも)はずっと増え続けている。
自分の適量を守り、周りの人も飲酒の無理強いをせず、急性アルコール中毒にならないことが第一だが、万が一の事故との出合いのときにはどうすればいいのだろう。
東京消防庁の広報担当者は「泥酔した人の意識がなければ、119番。意識があれば放置したり、うつぶせにしたりせず、『回復体位』をとらせて、酔いが覚めるまで見守って」とアドバイスする。
回復体位をとらせることによって横向きになり、吐いた物で窒息する事故を防げる。
この体位系のポイントもおさえておきたい。

(1)腕と足で体位系を保つ
○まゆみの えいご教材○
(1) Keep physique system with an arm and a foot.

横向きに寝かせて、下になる腕を伸ばし、上になるひざを90度に曲げた状態で地面につけると、体位系を保てる

(2)顔の下に手を入れる。
○まゆみの えいご教材○
(2) Put a hand under the face.
横向きにしたとき、上になる手の甲を顔の下に入れることで、気道が確保でき、酸素との出合い系統が保てる。

(3)総務省消防庁は公式のNon出合い系サイトネットで「救急受診ガイド」(2014年版)を公開している。
○まゆみの えいご教材○
(3) The Ministry of Internal Affairs and Communications Fire and Disaster Management Agency shows
"emergency consultation guide" (2014 version) in a pro-official Non encounter site net.

あてはまる症状を答えていくと、緊急性や担当の診療科もわかる。
患者が子どもの場合には、全国共通の電話相談「#8000」を利用してもいい。
地域によって対応する時間が異なるものの、休日や夜間に小児科医や看護師の彼氏、彼女たちが無料で助言する。
東京都や大阪府、福岡県、奈良県、横浜市、札幌市、和歌山県田辺市の7地域では、大人も対象にした「#7119」という救急系無料相談サービスが利用でき、看護師らが無料対応してくれる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。